【THESURF】 カリフォルニアのサーフカルチャーを伝え続けるサーフショップ!サーフボード・ウェットスーツの販売&カスタムオーダー
THE SURF (ザ・サーフ) トップへ
実店舗情報 買い物かご お買い物方法 よくある質問 お問い合せ 利用規約 プライバシー規約 サイトマップ
THE SURF (ザ・サーフ) トップザ・サーフの歴史>ロゴマーク
ザ・サーフの歴史



ロゴマーク

ザ・サーフの歴史 ・・・ 1971年より続くサーフショップの沿革
歴代店舗 ・・・ 設立当初からの歴代店舗を写真で紹介
関連人物 ・・・ 「THE SURF」に所縁のある人々
実店舗情報 ・・・ サーフショップ「THE SURF」の概要


1971
1973
1971
1973
オーナーである紀藤がザ・サーフという名前を命名、設立した当初のロゴ。日本ではまだサーフィンというスポーツはほとんど認識されてなく、サーファー人口はほんのわずか。シングルフィンにリーシュコードは無しという時代でした。しかしザ・サーフは当時からアメリカという自由の国、そしてサーフィンの国を愛し、時代を経た現在でもザ・サーフのコンセプトの中心にはアメリカ、そしてカリフォルニアがあります。
アメリカでスケートボードブームが訪れました。ザ・サーフはスケートボードをいち早く日本に紹介し、スケートブームの火付け役となりました。またスケートボードをアメリカから輸入するのとほぼ同時に古着の輸入を手がけ、今なら超ビンテージものが店頭に並んでいました。
1976 1980
1976
1980
日本でもスケートボードは大ブームとなり、ザ・サーフは日本で初めてのプロ・スケートボードチームを結成。日本を代表するプロスケーター、アキ・秋山を育て、シグネチャーモデルも発売しました。その後スケートブームにやや遅れてサーフィンブームが訪れ、大ブームとなります。
スケートブームはやや落ち着きを見せたものの、サーフィンブームは本格化。このロゴはカリフォルニアのデザイナーによってデザインされたもの。
1981 1985
1981
1985
カリフォルニア・ニューポートビーチにザ・サーフの直営店をオープン。店長に当時のトッププロ、ダン・フレッキーを迎えました。また日本では、当時は画期的だった100%スポンサーとして、糟谷修自のサポートを開始。
アメリカの直営店をニューポートビーチからハンティントンビーチへ移転。店長はアーサー・ショージ。また、トム・カレンをライダーとして迎え入れたのもこの頃。
1988 1991
1988
1991
トム・カレンの活躍によって、ザ・サーフの名は世界的なものになりました。この年、東京店は5階建てのビルに。
ハードコアなイメージとともに、ストリートスケートがブームに。このロゴは、スケートボード、スノーボードのオリジナルロゴとしてデザインされました。
1993 1994
1993
1994
このロゴデザインを手がけたのは、元プロスケーター、ジョン・トーマス。世界有数のスケートファクトリー、ワールドインダストリー社のMACでデザインされました。
当時のザ・サーフのオリジナル・サーフボード、ウェットスーツなどに多く使用されていたのがこのロゴ。オールドイングリッシュと呼ばれるこのデザインは、幅広い年齢層のファンを持つ人気のロゴです。
1996 2000
1996
2000
1980年代初頭にザ・サーフのオリジナルブランドとして誕生。1994年にトム・カレンがUSオープンで乗った5'8"のエッグノーズはdejavu、また当時カリフォルニアで修行中の真木蔵人のボードもdejavuでした。
ブラジル人のグラフィックデザイナー、ニュートン・バプティスタにより誕生したこのロゴ。彼は「BLACK FLAYS」のデザインも手掛けています。






【THESURF】 カリフォルニアのサーフカルチャーを伝え続ける 【ザ・サーフ】

各種お問い合せは「お問い合せ」ページより、メールフォーム・TEL・FAXにてお願い致します。
お問い合せいただく際は、事前に「よくある質問 (Q&A)」をご覧ください。

※ 商品は店舗により在庫が異なりますので、各商品の詳細ページ記載の番号へお問い合せください。

掲載の記事・写真・イラストなどを権利者の許可なく二次使用することを禁じます。

Copyright (C) SINCE 1971 THE SURF co.,ltd. All Rights Reserved.